スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転落死 マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)

 20日午後3時55分ごろ、千葉県印西市原2の14階建てマンション「レイディアントシティ」A棟12階の会社員、福田博之さん(41)方バルコニーから、長男で幼稚園児の啓人(ひろと)ちゃん(4)が転落した。買い物から戻った母佳美さん(37)が約40メートル下の芝生で倒れているのを発見し119番したが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警印西署によると、佳美さんは、風邪で幼稚園を休んだ啓人ちゃんを1人残して、近くのコンビニエンスストアへ5分程度外出。帰宅すると啓人ちゃんの姿がなく、居間にあった子ども用椅子(高さ約50センチ)がバルコニーの手すり(同約1.2メートル)近くに置かれていたという。同署は身長1メートル強の啓人ちゃんが椅子に上り、誤って手すりを乗り越えたとみて調べている。

 同署によると、1階の住人が転落直後に「ドスンという音がして、庭に男の子がうつぶせで倒れている」と管理人に連絡したという。啓人ちゃんは博之さんと佳美さんの3人家族。【斎藤有香】

事業仕分け2日目…理研、航空大学校など(読売新聞)
初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)
父の遺産計2億5000万円脱税 会社役員を起訴(産経新聞)
ネット選挙解禁へ協議、与野党が初会合(読売新聞)
四国4知事が上限料金制の本四道路割高に反発 民主に要望「全国一律に」(産経新聞)

<サクラエビ>初水揚げ 駿河湾に春(毎日新聞)

 静岡・駿河湾に春の訪れを告げるサクラエビが初水揚げされ、静岡市清水区の富士川河川敷などで19日朝、天日干しが始まった。雪をかぶった富士山を望む河原は鮮やかな桜色で埋まった。

 全国で駿河湾だけのサクラエビ漁は春、秋の年2回。今春の解禁日は3月31日だったが、天候不順のため初漁は18日夜まで大幅にずれ込んだ。

 初漁の水揚げ量は、同区の由比港漁協と静岡県焼津市の大井川港漁協と合わせて約70トンだった。

 市場関係者によると、初競りのご祝儀も加わって由比港漁協での競り値は15キロあたり最高6万1000円。平均は5万7870円で、昨春より約2万円高かった。

 競り落とした約1500キロを富士川河川敷に広げた、加工業の女性(57)は「季節物なのでお客さんに早く届けたい」と話した。【小玉沙織】

【関連ニュース】
静岡県の郷土料理「桜えびのかき揚げ」
桜えびレシピ「春キャベツと桜えびの焼きビーフン」
桜えびレシピ「カルがるふりかけ」
サクラエビ漁:「春の味」高根の花? 海水温上がらず、出漁できず

2歳男児虐待死で元少年を起訴 大阪地検(産経新聞)
舛添前厚労相 新党に触れず 東国原知事と会談(毎日新聞)
<傷害致死容疑>横浜市職員逮捕 妻殴り死なす(毎日新聞)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
雑記帳 ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)

病院理事長らを書類送検=カルテ改ざん、患者拘束死-大阪府警(時事通信)

 大阪府貝塚市の精神科病院「貝塚中央病院」で2008年、男性患者=当時(48)=がベッドに拘束され死亡した事件で、府警貝塚署は13日までに、カルテを改ざんしたなどとして、理事長(61)ら3人を証拠隠滅容疑で、元同病院看護師栗原誠一被告(54)=業務上過失致死罪で公判中=を同教唆容疑で書類送検した。同署によると、理事長ら3人は容疑を認め、栗原被告は「病院がわたしを陥れようとしている」と否認しているという。
 ほかに送検されたのは、当時の当直医(30)と看護師長(58)。
 送検容疑では、元看護師は08年1月21日、男性患者を無断で拘束したことを隠ぺいしようと、当直医にカルテの改ざんを依頼。理事長は看護師長らに看護記録を書き換えさせた疑い。 

【関連ニュース】
事件関連で射撃残さ付着か=コート、アタッシェケース
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検
小糸工業が役員処分=航空機座席の耐火試験ねつ造で
差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる

春姫道中 徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
明石事故、真実の解明望む遺族…元副署長起訴へ(読売新聞)
菅財務相「小泉さんも逃げた」 消費税引き上げ(産経新聞)
<水死>75歳男性、揖斐川で投網漁中 岐阜(毎日新聞)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)

中小電線企業も価格調整か=屋内配線カルテルで追加立ち入り-公取委(時事通信)

 ビルなどの屋内配線に使われる電線をめぐる価格カルテル疑惑で、コンセントまで延ばす「雑線」と呼ばれる電線でも価格カルテルが結ばれていた疑いが強まったとして、公正取引委員会は13日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、新たに住友電工産業電線(大阪市)や、古河電気工業子会社の協和電線(同)など中小企業15社前後と、西日本電線工業協同組合に立ち入り検査した。
 同疑惑をめぐり、公取委は昨年12月、屋内配線用電線のうち、電機設備業者向けの主要品目について価格調整を行っていた疑いで、住電日立ケーブル(住友電気工業や日立電線など出資、東京都台東区)やフジクラ・ダイヤケーブル(フジクラや三菱電線工業など出資、東京都中央区)など、メーカー大手5社に立ち入り検査。審査の過程で別の品目でも、中小企業が加わったカルテルの疑いが浮上した。 

<火災>親子3人が重体…事務所兼住宅焼く 川崎(毎日新聞)
「侵害明白な場合のみ賠償責任」=発信者情報開示拒否で初判断-最高裁(時事通信)
先生6割「心の不安」 大阪府の公立学校 勤務長い、仕事多い(産経新聞)
西部ガス関連ビルに発砲か=玄関に弾痕、けが人なし-福岡(時事通信)
現金給付の見直し検討=子ども手当-古川国家戦略室長(時事通信)

力士暴行死 時津風前親方に懲役5年 名古屋高裁は減刑(毎日新聞)

 大相撲時津風部屋の力士暴行死事件で、序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=時太山=に対する傷害致死罪に問われた前親方、山本順一被告(60)の控訴審判決公判が5日、名古屋高裁であった。片山俊雄裁判長は「刑事責任は格段に重いものがあるが、1審判決後に退職金を被害弁済に充当するなど酌むべき事情もある」として、懲役6年(求刑・懲役7年)の実刑を言い渡した1審名古屋地裁判決を破棄し、懲役5年を言い渡した。【沢田勇】

【写真特集】力士暴行死事件

 山本被告側は1審判決について事実誤認や量刑不当を主張して控訴。控訴審では1審に続き、ぶつかりげいこの違法性や兄弟子に対する暴行の指示の有無などが争われた。

 兄弟子たちの斉藤さんへの暴行について、判決は「(山本被告に指示されたとする)兄弟子3人の供述は一部を除き信用性が高い」と指摘。起訴内容の暴行とは別に、兄弟子が独自の判断で斉藤さんを暴行して死亡させた可能性があるとの被告側の主張を退けた。

 また、30分間に及ぶぶつかりげいこについて、被告側は「必要性・相当性の認められる範囲だった」と主張したが、判決は「正当業務行為にあたらず、違法だった」とした。

 判決によると、山本被告は07年6月25日夜、斉藤さんの額をビール瓶で殴ってけがをさせたうえ、兄弟子たちに「お前らも教えてやれ」「テッポウ柱に縛っておけ」などと暴行を指示。26日には、制裁目的で通常より長い約30分間のぶつかりげいこなどを行い、斉藤さんを外傷性ショック死させた。

 控訴審で被告に出廷義務はなく、保釈中の山本被告はこの日出廷しなかった。2月の第1回公判には出廷していた。

 ◇斉藤さんの父、じっと前を向き

 1審に続き、前親方の山本順一被告に実刑が言い渡された名古屋高裁1号法廷。山本被告のいない法廷で、片山俊雄裁判長が「原判決を破棄し、被告人を懲役5年に処する」と主文を言い渡した瞬間、斉藤俊さんの父正人さん(53)はじっと前を向いたまま身動きしなかった。

 逮捕・起訴から約2年。山本被告はこれまで一貫して起訴内容を否認してきたが、山本被告が斉藤さんへの暴行を主導したことを示す事実認定の朗読が続いた。正人さんは時々目を閉じながら聴き入っていた。

 正人さんはこれまで、息子の死の真相究明を求めて新潟県の自宅から法廷に足を運び続け、「山本被告が罪を認めない限り、なぜ事件が起こったか明らかにならない」と訴えてきた。【沢田勇、高木香奈】

【関連ニュース】
力士暴行死:「弟子ら信用できない」 名古屋高裁・控訴審
【相撲界のごたごた】写真で見る角界大麻疑惑(08年)
【相撲界のごたごた】写真で見る朝青龍 激浪の土俵人生
元朝青龍:高砂部屋激励会で謝罪「騒ぎ起こし申し訳ない」

若林氏失態「議院内閣制根本から覆る」菅氏(読売新聞)
「主流になれず決心」=与謝野氏の自民離党で-中井防災担当相(時事通信)
岩手で住宅全焼、焼け跡から3遺体(読売新聞)
TBSに確認怠った責任=BPO倫理検証委(時事通信)
9地点で多雨記録更新=気温変動激しい-3月の天候まとめ・気象庁(時事通信)
プロフィール

おいかわとしはる

Author:おいかわとしはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。